スプロボット(自動応答ボット)

img-01.png

スプロボットは、株式会社ヌーラボ様が提供するプロジェクト管理ツール「backlog」上で動作する自動応答ボットです。課題の担当者欄にスプロボットを選択し、本文欄に所定の文字列を入力することでさまざまな処理を自動的に実行できます。

スプロボットがご提供する分析機能は、大きく以下の2種類があります。今後も準備が整ったものから機能を追加してまいりますので、ご利用方法については担当のコンサルタントにお問い合わせください。

  • 高度なサイト・シナリオ分析
  • 運用・レポート支援

スプロボットで実行できる分析機能の例

2023年4月時点では、以下の機能をご利用いただけます。

  • 高度なサイト・シナリオ分析
    • コンバージョン経路分析
    • セグメント別シナリオ分析
    • ユーザーリプレイ
    • ファネル分析
    • ユーザーフロー分析
  • 運用・レポート支援
    • シナリオ近況レポート
    • シナリオカレンダー
    • シナリオキャプチャ
    • シナリオ成果集計

コンバージョン経路分析

コンバージョン経路分析は、コンバージョンページに至るまでの主要な経路や遷移率を可視化します。Googleアナリティクスなど従来のアクセス解析ツールと比較して、細かくセグメント条件を設定できることがメリットです。例えば「2回目の購入をしたユーザー」でセグメントして「F2転換したユーザーの傾向」を分析すれば、1回購入したユーザーに対しておすすめするべきルートが見えてきます。

cvroute.png

セグメント別シナリオ分析

セグメント別シナリオ分析は、実施した接客シナリオの成果をセグメント別に深掘りして確認できます。例えば、同じシナリオでも初訪ユーザーと再訪ユーザーで成果が大きく異なることがわかった場合、成果が良いセグメントのみを残し、もう片方には別のシナリオを企画するといったチューニングに役立てられます。

segment.png

ユーザーリプレイ

ユーザーリプレイは、指定期間のサイト内ユーザー行動をタイムラインで再生しながらトレースできます。「鷹の目」でサイト全体の動きを俯瞰して、気になるポイントをクリックすることで実際のユーザーの動きを「蟻の目」で追うことも可能です。数字ではなくアニメーションでサイト内行動を見ることで直感的な理解の助けとなり、課題発見につなげられます。

userreplay.png

ファネル分析・ユーザーフロー分析

ファネル分析は、コンバージョンまでのユーザー行動をファネル形式で表現する機能で、どのステップでユーザーが離脱したのかを直感的に分析できます。ユーザーフロー分析は、離脱してサイト内のページ遷移をツリー形式で可視化します。ファネル分析とユーザーフロー分析を組み合わせることで、簡単に深掘りした分析を行えます。ページ閲覧やスクロール、ボタンクリックなどの重要なアクションもステップとして設定可能です。

funnel.png

シナリオ近況レポート

シナリオ近況レポートは、現在実施しているSprocketシナリオの稼働状況やコンバージョンリフト数、リフト金額などの情報をまとめてレポートに出力します。レポートは自動実行するように設定することも可能で、その場合は毎週決まった時間に1週間分のレポートを自動生成してbacklog上に出力いたします。

シナリオカレンダー

個別のシナリオ稼働状況は、シナリオカレンダーを使うことでカレンダー形式で確認できます。いつシナリオを開始していつ終了したのかを振り返りたいときに便利です。

シナリオキャプチャ

シナリオキャプチャは、設定したシナリオの表示イメージを画像で取得できる機能です。社内で確認フローに乗せるときや施策の定期レポートを作成する際も、手動でキャプチャ操作を行う必要はありません。

シナリオ成果集計

シナリオ成果集計は、Sprocketで実施した接客シナリオのすべての結果をエクセルファイルにレポートとして出力する機能です。Sprocketの管理画面で確認できるのは「あらかじめ設定したKPI/KGIの結果」ですが、シナリオ成果集計では、事前に設定したKPI/KGI以外にも、任意の行動データを選択して別の角度から接客シナリオの成果を検証できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています