ステップの基本設定を行う

ステップの内容は[ステップ編集]画面で編集します。ポップアップのレイアウトや見た目もこの画面で設定するため、新規シナリオを作成する際は主にこの画面で各種設定を行うことになります。

目次

ステップの基本設定の項目

img-01.png

項目の内容

番号 項目 内容
1 ステップID ステップに割り振られたユニークなIDです。
2 このステップの説明 ステップにメモを付けられます。シナリオの動作には関係ありません。
3 表示するページURL ステップ(ポップアップ)を表示するURLを設定します。
4 ポップアップの編集 緑色の枠で囲まれた部分で、ポップアップのテキストや画像などを設定します。詳しくは「ポップアップの設定」セクションの記事を参照してください。

ステップID

ステップIDは最初に割り振られた文字列のままでも構いませんが、自分がわかりやすいように変更することもできます。その場合、同じパターン内で重複しないユニークなIDにする必要があります。ステップの表示順がある場合は「step_01」「step_02」のようにIDを付けるといいでしょう。

img-02.png

このステップの説明

[このステップの説明]には、ステップにメモを入力できます。ここに記入した内容は、シナリオの動作には影響しません。特にメモが必要なければ、空欄のままでも構いません。

img-03.png

表示するページURL

[表示するページURL]は、そのステップを表示するページのURLを設定します。[シナリオ編集]画面の[シナリオ開始条件]で選択した行動データと違うURLを入力した場合は、両方の条件を満たす場合にのみステップが表示されます。

例えば[シナリオ開始条件]に「商品詳細ページ閲覧」という行動データが設定されていて、ステップの[表示するページURL]で特定の商品のURLを指定した場合、特定の商品のページを表示したときのみステップが表示されます。

[シナリオ開始条件]が「トップページ閲覧」などシンプルな条件の場合は、ステップの[表示するページURL]でも同じURLを指定しておきましょう。

ページURLの指定方法

指定方法 内容
ページ指定(パラメータ含む) ステップを表示するページのURLを入力します。
ディレクトリ指定(配下ページ・パラメータ含む) ディレクトリを指定して、その配下にあるすべてのページを対象にします。
その他カスタム指定(正規表現を手動で入力) 正規表現を使ってURLを指定します。

[指定方法]を選択して[URL]にページのURLを入力し、[この内容で指定する]をクリックします。

img-04.png

すると[指定URL]に指定したURL条件が追加されます。[このURL条件で、対象ページのURLをテストする]をクリックします。

img-05.png

[URL条件]画面で、実際にステップを表示したいURLをコピーして貼り付けます。指定したURL条件が正しければ、入力欄の下に緑文字で「対象になる」と表示されます。もし赤文字で「対象にならない」と表示された場合は、スペルミスや余計な文字が含まれていないかを確認しましょう。

入力欄に複数の行を入力すると、複数のURLを一度に確認できます。URL条件が正しいことを確認できたら[閉じる]をクリックします。

img-06.png

「http:」や「https:」は付けなくていい

ページのURLに「http:」や「https:」は不要です。付けても構いませんが、例えば「http://example.com/」と設定すると、SSL通信を使った「https://example.com」のURLで閲覧した場合は条件から外れてしまいます。特別な意図がなければ、省略して入力するのがおすすめです。

2つ目以降のステップは開始ステップの設定を引き継げる

開始ステップでは[表示するページURL]を必ず設定する必要がありますが、2つ目以降のステップは開始ステップの設定を引き継げます。[スタートステップまたはボタンリンクからの自動設定引き継ぎ]を選択します。

img-h01.png

[ページ指定]で自動的に付与される正規表現

ステップの表示URLや行動データの条件で[ページ指定]を選択すると、自動的に正規表現が生成され、末尾に付与されます。これは「URLに『?』や『#』から始まるパラメータやアンカーが付いた場合でも、条件に一致すると見なす」という意味の正規表現です。末尾の文字によって、付与される正規表現は異なります。

  • URLの最後が「/」の場合、以下の正規表現を付与(「/」の後ろが「index」または「default」で始まっている場合、「/」の後ろは削除されます)
    (index\..*|default\..*)?(\?.*)?(#.*)?$
  • URLの最後がそれ以外の場合、以下の正規表現を付与
    (\?.*)?(#.*)?$

なお、[ディレクトリ指定]の場合は部分一致で判定されますので、正規表現がなくてもすべてのパラメータやアンカーが対象となります。

ポップアップを編集

ポップアップのレイアウトやテキスト、画像などを設定します。どのレイアウトを選んだかによって、表示される項目は変化します。ポップアップの設定項目について詳しくは「ポップアップの設定」セクションの記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。