終了ステップを設定する

「終了ステップ」とは「ここでシナリオを終了する」という意味を持つ特別なステップです。ここでは終了ステップの意味と設定方法を解説します。

目次

終了ステップとは

Sprocketでは、シナリオが終了したことを厳密に判定しています。そのために必要なのが終了ステップで、終了ステップに到達したら「シナリオが終了した」と見なします。

Sprocketでは、表示するポップアップの数にかかわらず、パターンの最後は終了ステップを配置する必要があります。終了ステップは、リンクエディター画面ではグレーの枠で囲まれて表示されます。

img-01.png

終了ステップのメリット

終了ステップがあることで、シナリオの成果をより正確に分析できるようになります。

終了ステップがない場合に起きる問題

終了ステップがないと、一度開始したシナリオが終了せず、ほかのシナリオが開始できなくなってしまうことがあります。

そのため、ポップアップを1つだけ表示する場合でも、終了ステップが必要です。複数のステップに分岐するパターンの場合は、分岐の最後にそれぞれ終了ステップを配置してください。

終了ステップの設定

終了ステップを設定するには[ステップ編集]画面で[このステップを、終了ステップに指定する]をオンにします。この設定項目は、1つ目の開始ステップには表示されません。

img-02.png

[このステップを、終了ステップに指定する]をオンにすると、不要な設定項目がすべて非表示になります。画面右下の[保存]をクリックして終了ステップを保存したら、[シナリオ編集画面へ戻る]をクリックしてシナリオ編集画面に戻りましょう。

img-03.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。