ボタンを設定する

2つのステップをリンクすると、1つ目のステップに次のステップに進むためのボタンが追加され、[ステップ編集]画面の下部に設定項目が表示されます。ボタンのテキストやデザインの設定方法を解説します。

目次

ボタンリンクの項目

img-01.png

項目の内容

番号 項目 内容

1

ボタンの配置を指定する 複数のボタンがある場合に、並び順や余白を変更できます。
2 ボタンテキスト ボタンに表示するテキストを入力します。
3 リンクURL ボタンをクリックしたときのリンク先URLを入力します。空欄にした場合は同じページのまま次のステップに進みます。
4 このボタンのデザインを変更する ボタンの色や文字、枠線のデザインを変更します。

ステップをリンクするとボタンが追加される

[ステップ編集]画面内にあるボタンの設定は、リンクエディターでステップをリンクしないと表示されません。リンクした(分岐した)ステップの数だけボタンが追加されます。例えば4つのボタンを配置したければ、開始ステップから4つのステップにリンクする必要があります。

ボタンの配置を指定

[ボタンの配置を指定する]をオンにすると、ステップに含まれるボタンが表示されます。ボタンの囲みをドラッグすることで、並び順や並びの向きを指定できます。

img-02.png

さらに[ボタンの余白を設定する]をオンにすると、ポップアップの端からボタンまでの余白と、ボタン間の余白を設定することも可能です。

img-03.png

ボタンテキスト

ボタンに表示されるテキストを入力します。ボタンテキストは、ユーザーがクリックしてくれるかどうかを決める大事な要素です。ボタンを押したらどうなるのかを、短く簡潔に伝えましょう。

img-04.png

img-04b.png

リンクURL

ボタンをクリックしたときのリンク先URLを入力します。ステップが終了ステップとリンクしている場合は、ボタンをクリックするとリンク先のページに移動してシナリオが終了します。空欄にすると、どのページにも移動せず、ポップアップが閉じます。その場合、ボタンテキストに「閉じる」などと入力しておくといいでしょう。

[このURLを別タブで開く]にチェックを付けると、リンク先のページが新規タブで開かれます。

img-05.png

ボタンテキストとリンクURLはリンクエディター画面でも設定できる

ボタンテキストとリンクURLは、リンクエディター画面でステップをつなぐ矢印をクリックすることでも設定できます。複雑な分岐をするパターンは、リンクエディター画面から設定したほうが簡単です。ただし、ボタンのデザインはそれぞれのステップの[ステップ編集]画面で行う必要があります。

このボタンのデザインを変更する

[このボタンのデザインを変更する]をクリックすると、ボタンの色や文字、枠線のデザインを変更できます。ポップアップ内のデザインを統一したい場合は[他のボタンからデザインを取得する]や[このデザインを他のボタンにも展開する]を利用すると便利です。

img-06.png

項目の内容

番号 項目 内容
1 他のボタンからデザインを取得する ほかのボタンのデザインをコピーします。
2 枠線の色 カラーコードを入力するか、カラーピッカーを使ってボタンの枠線の色を指定します。
3 文字の色 カラーコードを入力するか、カラーピッカーを使ってボタンテキストの色を指定します。
4 枠線の太さ ボタンの枠線の太さを0~5pxの間で設定します。
5 文字の大きさ ボタンテキストの大きさを10~20pxの間で設定します。
6 背景色 カラーコードを入力するか、カラーピッカーを使ってボタンの背景色を指定します。
7 背景(下部)を指定してボタンをグラデーションにする オンにすると、ボタンをグラデーションにできます。[背景色(下部)]は[背景色]とは別の色を指定します。
8 このデザインを他のボタンにも展開する 設定した内容を、ほかのボタンにも適用します。

img-06b.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。