パターンの基本設定を行う

パターンとは、ポップアップを表示する一連のグループのことです。Sprocketでは、1つのフェーズ内で複数のパターンを出し分けてA/Bテストを行います。

ここでは、パターンの基本設定を解説します。

目次

パターンの基本設定の項目

img-01.png

項目の内容

番号 項目 内容
1 パターンID パターンに割り振られたユニークなIDが表示されます。
2 パターン名 パターンの名前です。
3 操作 フェーズのコピーや削除を行います。
4 表示率 パターンの表示率を設定します。
5 遅延表示 パターンを何秒後に表示するかを設定します。

パターン名

パターンIDの隣にある入力ボックスに、わかりやすい名前を入力します。パターン名は[KPI/KGI結果]画面で集計の際に表示されるので、どのようなパターンなのかがわかりやすい名前を付けておくと、成果を確認するときに便利です。

img-02.png

表示率

パターンをどれくらいの割合で出し分けるかを設定します。表示率について詳しくは「パターンの表示率を設定する」を参照してください。

img-03.png

遅延表示

シナリオの開始条件を満たしてから、何秒後にパターンを表示するかを設定します。遅延表示については「遅延表示を設定する」で解説しています。

img-04.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。