ステップを追加する

Sprocketは、1つの表示パターンを複数のステップで構成します。表示するポップアップが1つであれば、ポップアップに相当するステップは1つです。複数のポップアップを連続して表示するツアー型のシナリオの場合は、必要なぶんだけステップを追加します。

シナリオを終了させる「終了ステップ」については「終了ステップを設定する」で解説しています。

目次

ステップの追加

シナリオを新規作成すると、最初からステップが1つ用意されています。さらにステップを追加するには[シナリオ編集]画面からパターンを開いて[ステップを追加する]をクリックします。

img-01.png

追加されたステップはまだどのステップともリンクされていない状態なので、オレンジ色の枠で囲まれます。ステップをドラッグして見やすい位置に移動しましょう。

img-02.png

ステップの移動

ステップをドラッグすると、自由な位置に移動できます。配置した位置でシナリオの動作は変わりません。見やすいように配置しましょう。ステップ同士がリンクされている場合は、リンクを保ったまま場所を移動できます。

img-03.png

ステップの配置を変更したら、画面右下の[保存]をクリックして保存しておきましょう。

img-04.png

リンクエディターを編集したら必ず保存する

リンクエディターでステップの配置やリンクを変更したら、必ず画面右下の[保存]をクリックしてください。保存せずに画面を移動すると、リンクエディターの変更が反映されません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。