クーポンコードの利用を促進する

対象となるサイト

ECサイト

改善できるリスク・課題

トップページでご案内したクーポンコードを、カートページ内のクーポンコード入力箇所で再度案内することにより、クーポンコードを探す手間を省き、快適にお買い物をいただくことで離脱を防止できます。

施策概要

シナリオイメージ

support_tips_0121_1.png

最適なページ・タイミング

クーポンコードの入力が必要なタイミングで再度表示

メッセージ内容

クーポンコードの入力画面で再度「500円OFFクーポンプレゼント!」などのメッセージとあわせてクーポンコードを表示します

メリット・効果

  • クーポン利用率が上がる
    入力時にもクーポンコードを案内することで、ユーザーのクーポン利用率と購入率の向上が期待できます。
  • 離脱防止
    入力時にクーポンコードを探す手間や手元に保存し忘れた際のストレスを感じると、購入を諦め離脱につながる可能性があります。入力タイミングで案内することにより、離脱防止を期待できます。

 

このページに興味を持った方は、ぜひ担当のコンサルタントからの連絡の際に「このページを見たよ」とお伝えください。
具体的な事例の紹介や御社に合わせたシナリオをご提案いたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。