シークレットブラウジング時の接客シナリオの挙動について

シークレットブラウジングでの接客シナリオ表示は、プレビューを含めてサポート対象外です。接客シナリオが表示されないことがありますので、通常モードで閲覧してください。

シークレットブラウジングとは

閲覧履歴や検索履歴などを残さずにWebサイトを閲覧する方法です。機能の呼び方はブラウザの種類や提供企業によって以下のように異なりますが、意味はほぼ同じです。

  • Chrome(Google):シークレットモード
  • Safari(Apple):プライベートブラウズ

機能の特徴

シークレットブラウジングを実行中、Cookie の読み書きはできますが、Cookie のほか閲覧履歴、サイトのデータ、フォームへの入力情報などはブラウザに保存されません。

シークレットブラウジング中に作成された Cookie は、すべてのシークレットウィンドウを閉じると削除されます。

詳細は以下の記事(Google Chrome ヘルプ)もご参照ください。

シークレット ブラウジング
Chrome のシークレット ブラウジングの仕組み

接客シナリオの挙動について

接客シナリオ対象ページを以下の流れで閲覧した場合、同じシナリオが再表示される可能性があります。

  1. Sprocket の接客シナリオ対象ページを「シークレットモード」で閲覧。
  2. 当該シナリオが表示された後に、すべてのシークレットウィンドウを閉じる(ウィンドウを閉じると同時に、Sprocket 側でユーザーを識別している [ユーザーID]、 [ゲストID] がクリアされます)。
  3. 再びブラウザを起動して同じページにアクセスする(新しいユーザーとみなされるため、同じシナリオが再表示される可能性があります)。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。