ログイン失敗時のフォローで離脱を防止する

対象となるサイト

ログイン領域をお持ちのサイト

改善できるリスク・課題

コンバージョン導線には乗っているのに不安や疑問が残ったままだと、コンバージョンにいたる前に離脱されてしまいます。 特に既存会員の場合、「ログイン失敗」は比較的離脱が起こりやすいポイントです。

それが理由でサイトを利用しなくなる、というユーザーも少なくありません。

「ログインフォローシナリオ」を実施することで、ログイン率を改善しコンバージョンに繋げます。

施策概要

シナリオイメージ

mceclip0.png

最適なページ・タイミング

複数回ログインに失敗したタイミング

メッセージ内容

「ご確認ください」と声をかけ、パスワード照会や再設定への導線を案内します

メリット・効果

  • ユーザーの引っ掛かり(フリクション)による離脱や機会損失を防ぐことができる
    「使うのにストレスがあるサイト」だと感じられることは大きなリスクです。必要な時に必要な導線を強調してユーザーに伝えることで即時的なケアだけでなくサイトの継続利用にも良い影響を与えます。

  • 再ログインの方法をわかりやすく案内できる
    再ログインの方法は当然サイト上で案内されています。しかし、それを見逃したり理解できなかったユーザーは離脱してしまいます。
    ポップアップを利用することで、最適なタイミングでわかりやすく案内することができます。

  • ログイン完了率だけでなく、購入完了率も上がる傾向にある
    シナリオ実施から14日以内の購入完了率が非表示よりも向上する例が多数見られています。
    ログインしようとアクションするユーザー群はその他の群に比べサイト利用意欲が強いため、商品購入にも意欲的であり、ログイン成功によりその意欲を向上させることができたと考えられます。

 

このページに興味を持った方は、ぜひ担当のコンサルタントからの連絡の際に「このページを見たよ」とお伝えください。
具体的な事例の紹介や御社に合わせたシナリオをご提案いたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。