動画を使って商品を訴求する

対象となるサイト

動画コンテンツがある、もしくは準備予定のあるサイト

※このシナリオ案はカスタマイズが必要です。カスタマイズをご希望のお客さまは、担当コンサルタントにご連絡ください。

改善できるリスク・課題

商品やサービスの説明がテキストや画像だけでは伝えきれない、もっと良さを伝えたい、そんなときには動画が有効な手段となるケースがあります。

施策概要

シナリオイメージ

__________2021-02-05_15.06.34.png

最適なページ・タイミング

対象商品やサービスに誘導する遷移元や、遷移先などによって異なる

メッセージ内容

動画を表示させるステップでは、「〇〇をxx秒でご案内します」のように、事前に動画の長さを明示しておくことで、動画視聴のハードルを下げる効果が見込めます

メリット・効果

  • 文章や画像だけでは伝わりづらいことを、音声や表情を交えて伝えることができる
    テキストや画像での説明が難しいサービスや仕組みの紹介、例えば「商品の質感・肌ざわり」や「ポイント還元の仕組み」などを伝えるときに有効です。

  • 動画でも要所を抑えてテロップを使うなどメリハリをつける
    長すぎる動画も見てもらえないので編集で短くしたり、大切な箇所はテロップを入れたりするなど、音声オフでも見られる配慮は必要です。

  • 動画再生終了後には対象サービスや商品のページへ誘導することができる
    コンバージョンのモチベーションが上がった状態で、対象サービスや商品のページに誘導できます。

 

このページに興味を持った方は、ぜひ担当のコンサルタントからの連絡の際に「このページを見たよ」とお伝えください。
具体的な事例の紹介や御社に合わせたシナリオをご提案いたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。