カートで別の商品をクロスセルで訴求する

対象となるサイト

クロスセル(あわせ買い)の提案が有効なWebサイト

※このシナリオ案はデータ連携が必要です。データ連携をご希望のお客さまは、担当コンサルタントにご連絡ください。

改善できるリスク・課題

有効なクロスセル提案を行うには、適切なタイミングで適切な商品を案内する必要があります。あらかじめ「どのような商品の組み合わせに対して、何を提案するか」を決めておくことで購入を後押しします。

施策概要

シナリオイメージ

__________2021-03-04_14.32.51.png

最適なページ・タイミング

商品をカートに入れたタイミングやカート画面を表示したタイミング

メッセージ内容

「初回購入なら、〇〇と△△をあわせてお使いいただくと効果的です!」などのクロスセル提案を行い、組み合わせ利用について説明するコンテンツに誘導します

メリット・効果

  • ユーザーにとってより良いサービス体験を提供できる
    単にクロスセルをすすめるだけでなく、ユーザーのカート内情報をもとにユーザーにとっても利益となる提案を行うことで、親切でていねいな接客体験を提供します。

  • 商品ページに設けられたクロスセル施策をフォローできる
    商品ページ自体にクロスセル提案コンテンツを設けている場合でも、ユーザーはそうした情報を見落すことや、情報を見ても忘れてしまうことがあります。「カートに入れた」という行動が完了したタイミングで接客を行うのは効果的です。

  • 商品の組み合わせや過去の購入履歴の有無で幅広い提案が可能になる
    「クロスセル提案する商品をすでに最近購入しているユーザーには接客を行わない」などのセグメントにより、ユーザーが提案に対して抱く違和感を軽減したり、カート内の商品の組み合わせで提案内容を変えたりと、きめ細かな提案が可能です。

 

このページに興味を持った方は、ぜひ担当のコンサルタントからの連絡の際に「このページを見たよ」とお伝えください。
具体的な事例の紹介や御社に合わせたシナリオをご提案いたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。