お気に入りなど便利な機能の利用を促す

対象となるサイト

お気に入り・ブックマーク機能をお持ちのサイト

改善できるリスク・課題

お気に入りやブックマークなどの機能を利用しないユーザーが多いと、全体のコンバージョン率や再来訪率が下がる傾向にあります。 「機能利用促進シナリオ」を表示することで、ユーザーの利便性を向上させ、販売を促進させます。

施策概要

シナリオイメージ

_____.png

最適なページ・タイミング

商品詳細ページなど機能利用ボタンがあるページ

メッセージ内容

「お気に入りに追加するといつでもマイページからチェックできます!」など、機能利用のメリットを伝えます。

メリット・効果

  • お気に入りやブックマークの機能を促すことでCVR向上や再来訪への効果が期待できる
    機能を利用することでユーザー自身が興味を持った商品やサービスへの意識が高まり、Webサイトへの再来訪率、コンバージョン率が上がります。

  • 機能利用をアナウンスすることで、Webサイトへの理解度が深まる
    その場ですぐに機能を利用しなくても、「このような機能がある」「利用することでこうしたメリットがある」ということをユーザーに知らせることができ、サイトへの理解度を高めるとともに、必要な時に利用いただける確率が上がります。
  • お気に入りやブックマークの機能を通じて会員登録やメールアドレスなどの取得につながる
    機能利用に際して会員登録や通知用メールアドレスの登録を必要とする場合、これらの情報取得につながります。

 

このページに興味を持った方は、ぜひ担当のコンサルタントからの連絡の際に「このページを見たよ」とお伝えください。
具体的な事例の紹介や御社に合わせたシナリオをご提案いたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。