Sprocketタグはどこに設置すればいいですか?

Sprocketタグの埋め込み位置は「body」要素内の最上部を推奨しています。ただし、埋め込み位置によってSprocketが動作しなくなるわけではありません。

また、SprocketタグはWebサイトの全ページへの導入を推奨しています。全ページにSprocketタグを導入することで、Webサイト全体のユーザー行動を追えるようになります。

Sprocketタグが正常に設置しているかを確認する方法は、次のページを参照してください。

Sprocket タグが正常に設置されているかを確認したい

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。