より詳しい商品詳細ページへ誘導する

対象となるサイト

商品についての詳しい情報が別途あるWebサイト

改善できるリスク・課題

条件や仕様が複雑な商品の中には、ページ内で詳細をすべて説明することが難しい場合があります。その際に別途用意されている特集ページを案内し、ユーザーに読んでもらうことで商品理解の促進を図ることができます。

施策概要

シナリオイメージ

__________2021-04-01_14.28.46.png

最適なページ・タイミング

商品詳細ページ

メッセージ内容

「どうやって使うの?」「○○を実際に使ってみて……」など、購入を検討しているユーザーの参考になるコンテンツを提供します

メリット・効果

  • 商品ページ内で伝えきれない情報を、別途ページを案内することで補足できる
    特集ページやブログなどを案内することで、より多くの情報をユーザーに提供できます。

  • ページ内に導線がなくてもより詳しい情報に誘導できる
    商品ページ内に導線がない、または導線が目立たない場合でも、ページの改修なしにユーザーに気付きを与えて情報への接点を作ることができます。

 

このページに興味を持った方は、ぜひ担当のコンサルタントからの連絡の際に「このページを見たよ」とお伝えください。
具体的な事例の紹介や御社に合わせたシナリオをご提案いたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。